毛乳頭の働きを活発に|薄毛治療でコンプレックスを一掃してみよう

薄毛治療でコンプレックスを一掃してみよう

男性

毛乳頭の働きを活発に

悩む人

幹細胞培養エキスの注入

髪の状態は、根の部分にある毛乳頭の働きによって変化します。毛乳頭がしっかりと働いていれば、髪はどんどん成長していきますし、毛乳頭が休眠期に入れば、成長が止まったり抜け落ちたりするのです。この毛乳頭が、生活習慣の乱れなどによって、休眠期から目覚めにくくなることが、薄毛の原因です。そしてその状態を改善するために、多くの人が美容外科などでハーグ治療を受けています。ハーグ治療は、脂肪から抽出された幹細胞培養エキスを頭皮に注入するという方法でおこなわれています。幹細胞培養エキスによって、頭皮では幹細胞が増えやすくなります。幹細胞には、自らの周辺に存在している細胞に変化する性質があるので、頭皮で幹細胞が増えれば、毛乳頭を構成している細胞も増えることになります。これにより、毛乳頭の働きが高められ、髪の成長が促されるのです。

治療のペースや回数

ハーグ治療は、1ヶ月に1〜2回のペースで、計6回ほどおこなうことが一般的となっています。幹細胞培養エキスを一気に大量に注入するのではなく、定期的に注入していくことで、しっかりと頭皮になじませていくのです。治療期間は3〜6ヶ月となりますが、人によっては1〜2ヶ月で効果が出てきます。多くの産毛が生えてきて、それらが太く成長していくことで、薄毛によってあらわになっていた頭皮が目立ちにくくなるのです。もちろん、6回目の治療が終わった後も、継続して治療を受けることが可能です。自身が満足できる状態になるまで、治療を繰り返すことができるのです。またハーグ治療は、頭皮の血行を促す薬や、抜け毛を防ぐ薬を使った治療とあわせておこなわれることもあります。この場合は、薄毛がよりスムーズに解消されるようになります。