男性型脱毛症の最新治療薬|薄毛治療でコンプレックスを一掃してみよう

薄毛治療でコンプレックスを一掃してみよう

男性

男性型脱毛症の最新治療薬

錠剤

処方せんにより入手可能

主に中年期以降の男性において発生する、抜け毛が増えていく現象を男性型脱毛症といいます。男性型脱毛症は皮膚病など他の原因がないにも関わらず発生し、スピードに個人差はありますが確実に進行するのが特徴です。前額部の生え際がはげ上がると同時に頭頂部の毛が薄くなり、最終的には禿頭になります。男性型脱毛症の根本原因は遺伝説など諸説あっていまだ定かではありませんが、発生のメカニズムについてはある程度解明されています。そのため、それに対応した医薬品も開発されており、皮膚科のクリニックや総合病院の発毛外来などで処方してもらえます。数ある男性型脱毛症の治療薬のうち、最新の製品がザガーロです。従来品よりもさらに高い効果があるとされています。

脱毛原因物質の発生を抑制

ザガーロは2015年9月に承認を受けた新しい男性型脱毛治療薬です。ザガーロの主成分は、デュタステリドという薬剤です。この成分には、男性型脱毛症の原因となるジヒドテストステロンという物質の発生を阻害する作用があります。ジヒドテストステロンは、テストステロンという男性ホルモンが頭皮や前立腺などで合成される5α還元酵素によって性質を変えられることで発生します。デュタステリドはこの5α還元酵素の活性を抑えることで、毛の成長を妨げる要素を取り除きます。ザガーロは内服薬のため、身体の内部から効果を発揮しやすいとして外用タイプの治療薬より人気があります。また、先行承認されている内服薬であるフィナステリドよりもさらに高い効果が期待できるとされています。